HOME >  ブログ > 整備修理 青木

ブログ

ブログ | 整備修理 青木

埼玉県川口市の新車・中古車販売「カーメイトサクセス」のブログです。
商品車の紹介やカーナビ取付、車検などの一般整備、鈑金・塗装業務などを紹介!

また雪の予報が!!

皆さん、こんにちは!整備の青木です。

 

先週の大雪、すごかったですね~!普段、雪なんて滅多に降らない地域で育った私は雪が降るかも・・・なんて聞くと若干ワクワクしちゃうんですが、今回の大雪はワクワクなんて状況じゃありませんでした!

 

日中に降り出しても、そんな簡単には積もらないだろうなんて甘い判断だったんですが、お昼前に降り出して約1時間で・・

DSC_0682

こんな状況に!!

 

でも、道路は車が走っているから・・なんて思っていたら、更に1時間後には・・

DSC_0684

もう、道路にも積もりはじめてます!!こうなってしまうとノーマルタイヤでは危険すぎる状況です。

その後も雪は降り続き、急遽5時に営業時間を終了させて頂き帰る頃には・・

DSC_0687

道路を走る車の数も減り、ホントにここは川口??っていう景色になってしまいました。

 

自分の車は、スタッドレスを履いていたんですが、それでも慣れない雪道は怖いです。

帰り道の途中でも、やはりというか・・・ノーマルタイヤで動けなくなっている車も多数・・そして、幹線道路は大渋滞!!

普段、通勤ラッシュ時で1時間くらい、空いていると30~40分の自宅まで3時間以上かかってやっと帰宅^^;

おそらく、もっともっと大変なおもいをされた方もたくさんいるかと思います。

また、これくらい雪が降っているとスタッドレスを履いていても、渋滞などでしばらく停車していると段々雪が積もってきて上手く発進できないで滑ってしまう事も^^;状況によってはスタッドレスタイヤでも更にチェーンを巻かなければ身動きがとれなくなるのではないでしょうか?

 

そして、やっと道端の雪も減ってきたところで・・今週の後半には関東地方に、またもや雪の予報が!!先週の雪での経験もいかし、くれぐれも無理はせず時間と心にゆとりを持って行動しましょう(^o^)

 

オルタネーター交換

皆さん、こんにちは整備の青木です(^o^)

 

今回は1日で、立て続けに2台の修理が重なったオルタネーターの交換です。

オルタネーターとは車の発電機の部分でダイナモなんて言われたりもするんですが、この日は2台とも200系のハイエースでした。ハイエースのオルタネーターは他の車種に比べて交換の頻度が多いような気がします。

この日もガソリン車1台とディーゼル車1台という事で、まずはディーゼル車の方から・・

画像では右上になりますが、実際は一番下にあるのでオルタネーターに辿り着くまでがちょっと大変です。

DSC_0634

 

こちらが、外したオルタネーターです。以前から変な音がしていて、その音が止んだらメーター内のバッテリーのランプが点灯したという事で、けっこうよくある症状なのですが、オルタネーター右側の溝があるプーリーという部分の内側にあるベアリングが壊れてしまっています。

DSC_0639

作業に夢中になってしまい、交換後の画像ですが右上のちょっとキレイになった部品が分かるでしょうか?

DSC_0635

こちらは、横の隙間からの画像です。

DSC_0638

 

 

続きまして、ガソリン車のオルタネーターの交換作業になります。

 

こちらも以前から変な音がという事でしたが、こちらはベアリングの部分がボロボロになってしまいプーリーの付け根に大きな隙間までできてしまっていました!

DSC_0643

新しいオルタネーターと比べて隙間・・・お分かりになりますか??

DSC_0641

 

これだけ隙間が空いてガタガタになってしまうと、このプーリーにかかっているベルトが・・・

こんな事に!!

DSC_0640

 

今回は、走行距離的にも同時交換が望ましいその他の部品も交換させて頂きました。

DSC_0646

 

先程のディーゼル車とは違い、一番上にオルタネーターがあります。

DSC_0645

今回は2台ともハイエースという事で、更に2台とも変な音がという予兆がありましたが、通常このオルタネーターは突然故障してしまう場合が多いです。

ただ、もし故障してもすぐにエンジンが止まってしまうという事はほとんどなく、バッテリーのマークが点灯したりします。ですが、オルタネーターが故障しますと、車で使う全ての電気をバッテリーに蓄積された電気だけでまかなうので、とりあえず自宅まで・・・など無理な走行はせず安全な場所に車を移動してレッカーや当社のような整備工場へご連絡される事をおすすめします。

あとは、走行距離などによっては予め交換するのも、一つの方法かもしれませんね(*^^*)

 

また来年も、よろしくお願いしますm(_ _)m

こんな事にも注意して下さい。

皆さんこんにちは、整備の青木です。

 

だんだん寒く・・というか、今年は寒くなるのが早いような気がします。となると、そろそろ雪なんかも降るんですかね~^^;

この季節になると、朝早くとか夜に車に乗ろうとしたらフロントガラスが凍ってたり、雪が積もってたりって事があるかと思うんですが、そんな時に皆さんはどうしてますか?

とりあえず前が見えるように、ガラスに水やお湯、氷を溶かすスプレーなので対処して出発しちゃいますか?

ここで、ちょっと注意して頂きたいのは、フロントガラスなどと同じくヘッドライトなども一緒に凍っちゃっている事を!

ライトなら点灯してれば、ライトの熱ですぐ溶けるし・・とか、とりあえずなんとなく照らしてるし・・とか、自分も含め思っちゃいがちですが、以前から幅広く使われてるこちらのハロゲンバルブ!

DSC_0630

 

そして、こちらは蒼白い光が当初は衝撃的だったHIDのバーナー(バルブ)

DSC_0631

 

最近では純正にも使われるようになってきた、省電力なこちらのLEDのバルブ・・

DSC_0629

W(ワット)数によっても違いますが、ハロゲンに比べてHIDは光の熱が少し低かったり、LEDに関しては、光の方向への熱量が更に低いので、ヘッドライトに付いた氷や雪がなかなか溶けないかと思われます。

ヘッドライトが氷や雪で覆われてしまっていると、ウィンカーなども見えにくく周りの車や歩行者などへの危険度も高まってしまいます。

 

これからの寒い季節、朝起きるのも大変ですが、ヘッドライトの氷や雪もしっかり溶けるくらい時間に余裕を持って安全運転でいきましょう♪

もしかしたら?

皆さん、こんにちは整備の青木です(^o^)

 

いきなりですが、いや~こちらのお車、軽自動車とは思えないくらい広々してます♪

DSC_0602

 

 

 

 

って、すみません^^;作業中の写真でした(*^^*)

今回、こちらのお車はスズキのパレットなんですが、エアコンの効きが悪いという事で点検させて頂いたんですが、どうやらエバポレーターという部分からエアコンのガスが漏れてしまっているので、そのエバポレーターの交換になります!

ですが、そのエバポレーターが、なかなかいい所にありまして・・・

DSC_0583

この辺を、ゴッソリ外し・・・

DSC_0589

 

そうすると、エバポレーターの入ってるユニットにご対面♪

DSC_0584 DSC_0585

 

この中にあります(*^^*)

DSC_0586

 

って、事でこのユニットもゴッソリ外しちゃいます!

DSC_0587

 

そして、最初の写真の状態になります(*^^*)

DSC_0602

 

こちらが、外したユニットになります。ちなみに、左側の窓のような部分から見える白っぽいフィルターがエアコンのフィルターです。

DSC_0590

そして、こちらがエバポレーターです。分かりにくいかもしれませんが、上の方の右側あたりが少し湿っているんでが、この辺りが漏れている痕跡です。

DSC_0594 DSC_0593

 

こちらは、エアコンを入れていると車体の下にポタポタ水が垂れるかと思うんですが、その部分の内側になります。エアコンの内部にはオイルも少し循環してるんですが、そのオイルなどが溜まっています^^;

DSC_0591

後は、エバポレーターを新品に交換し逆の手順で組み上げて、新しいガスとオイルを補充して完成なんですが・・・

 

今回お伝えしたいのは、このエバポレーターからのガス漏れなんですが、パレット、ワゴンR、アルトラパンではけっこうあるみたいなんです!そして、通常は保証も3年なんですが対象の車種と年式ですと新車登録から9年まで延長されてたり・・・(ちなみに今回のお車は対象車種だったんですが、新車登録から9年を少し過ぎてしまっていました^^;)

他のメーカーや車種にも、実は色々な部分や部品で保証延長になっているものがあったりします!

もし、お車の事で最近なんか変な音が・・とか、エアコンが・・とか、何か違和感や気になる事がある方!

残念ながら、こういう部分に該当しない、もしくは保証期間が過ぎてしまっているって事もあるかもしれませんが、もしかしたら延長保証により無償で修理できるかもしれません(^o^)

それよりも、気になる部分を放っておくのは思わぬトラブルにつながるかもしれませんので是非、早めのご相談お待ちしております!!

 

 

 

またまた発見しました!

皆さん、こんにちは!整備の青木です。

 

先月の”鳥の巣”に続き、またまた動物の気配を発見しました!!

こちらは、エンジンの上にあるカバーなんですが・・・

DSC_0579

どうでしょう・・分かりますか??

DSC_0578

これは、かなりはっきりと猫の足跡が!!

 

そして、こちらはかなり細かいので分かりにくいかもしれませんが、どうでしょう??

DSC_0577 DSC_0576

何やら、小さな足跡のような物がたくさんあります^^;

DSC_0575

おそらく・・・ネズミの足跡ではないかと思います。

 

滅多にないのですが、ネズミに配線などを噛じられ、部分的に断線して車両へ不具合が発生してしまうとトラブルも!!

このような事を完全に防ぐのは無理なのかもしれませんが、お車を乗らない時も出来れば毎日ボンネットを叩いたり、エンジンをかけたりするのもやっぱり大事なのではないでしょうか?

 

ちなみに、我が家の周りのも自然が多いので、動物の気配がないか自家用車のエンジンルームも、この後チェックしてみます!(*^^*)

猫バンバン

皆さん、こんにちは整備の青木です。

 

皆さんは、「猫バンバン」という言葉を聞いた事ありますか?

 

数年前からJAFや日産などが呼びかけてるプロジェクトなんですが、冬場の寒い季節に猫などが車のボンネット内やエンジンルーム内の暖かい場所に潜り込んでいるのに気付かずエンジンをかけてしまう事故。

このような悲しい事故を防ぐ為、エンジンをかける前などにボンネットなどを軽く叩いたりするというものなんですが・・・・

 

今回、定期点検でお預かりしたハイエースのボンネットを開けると・・・・

DSC_0509DSC_0510

何かの巣と思われるものが!!

 

よ~く奥の方を覗いてみると・・・・

DSC_0511

そこには卵が!!

どうやら鳥の巣のようですね^^;  

 

全て取り除いてみると、これだけの量に!

DSC_0512

毎日、送迎などでお使いになられてるお車なんですが、それでも巣を作り卵まで・・ちゃんと雛が育ったのかも気になる所ですが、これだけのワラがもしエンジンの高温になる部分などの付近に溜まってしまったら大惨事にもなりかねません!

最近では、夏場でも直射日光を防ぐ為に猫などが潜り込んでる事もあるようです^^;

 

悲しい事故や大惨事を防ぐためにも、一年中の「猫バンバン」、そして何か違和感を感じたら車の下を覗いてみたり、ボンネットを開けてみる事も必要なのかと感じました!

点滴

こんにちは整備の青木です。

 

今回は、車検で入庫致しましたお車です!

 

お客様から「マフラーからのススが気になり・・」との事で、巷で”点滴”などと言われているワコーズのRECSを施工させて頂きました♪

簡単に効果を説明させて頂きますと、エンジンの吸気系統の洗浄に効果があります。

施工した後は、お車の状態や感覚的な部分にもよりますが、けっこう違いが体感できたりします(^o^)

DSC_0412

こちらが、作業中になります。

まさしく点滴のようですね(*^^*)

DSC_0409 DSC_0411

 

本当は点滴が終わった後、空ぶかしをするとモクモク煙が出る事もあるんですが、今回は汚れもあまり酷くなかったのか、モクモクが少なくシャッターチャンスを逃してしまいました^^;

 

そして、最後はRECSの施工と相性のいいフューエル1を!RECSで落としきれなかった部分にも浸透して、走行すればするほど効果が期待できます。こちらはガソリンの給油口から注ぐだけです(*^^*)

DSC_0477

普段、乗り慣れない車やちょっとの試運転でも体感できる違い…今度は、自分の車にもRECSを施工して、もっともっと詳しく違いをお伝えしたいと思います。

大切な愛車を点滴で元気モリモリに♪

是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

K様ソリオ サス交換

こんにちは、整備の青木です(^o^)

今回はk様のソリオのダウンサスとショックの交換をさせて頂きました。

DSC_0365

 

 

早速リアから…純正ショックとスプリングを取り外して比較してみました。

とりあえず、見た目に派手!

DSC_0369

そして、取り付けた状態です。

タイヤをつけてしまうと、ほとんど見えなくなってしまいますが、見えないオシャレみたいな所がそそります(*^^*)

DSC_0370

 

こちらはフロントになります。

純正に比べてかなりショートストロークになっており、派手なだけでなくいい仕事しそうです♪

DSC_0371

DSC_0372

 

 

 

こちらは装着前後の比較になります。

 

Before。。。

DSC_0364

After。。。

DSC_0376

写真を撮る腕がなさすぎて、ひじょ~に分かりにくいかもしれませんが、程よく車高も下がりダーク系のアルミとの相乗効果もあり引き締まった感じになったと思います!

 

DSC_0377

少し走行されて馴染んでくると多少の車高の変化や乗り心地など違いがあるかと思いますが、気になる事がございましたら何でもご相談下さい!

k様、この度はありがとうございました。またのご来店お待ちしております!

はじめまして。

皆さん、はじめまして!

 

新入社員の青木です!

新入社員と言っても、フレッシュな新卒ではなく2回目の成人式を迎えてしまったオッサンです。

ですが、気持ちも体力も若い人に負けないよう頑張りますので、よろしくお願いします。

 

 

さて早速ですが、先日整備させて頂いたお車です。

 

今、そしてこれからの時代を支える福祉車両です!

通常の点検項目に加えてリフトや・・・

DSC_0332

 

車椅子を固定する装置など、お客様が安全に安心してお使い頂けるよう、しっかりメンテナンスさせて頂きました。

DSC_0333 DSC_0334

当社では、この様な福祉車両の修理や車検も賜っております。

お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ