安全運転のポイント

2018年6月6日(水)

安全運転のポイント

  ◎ 渋滞に遭ったときの留意点

   道路の渋滞は行楽シーズンだけとは限りません。

   一般道路でも高速道路でも、事故や道路工事、異常気象等

   さまざまな要因で発生します。

  〇 停止するときはハザードランプを点滅させる

    渋滞の最後尾に停止するときは、早めにハザードランプを点滅させて

    後続車に自車の停止を伝えるとともに徐々に減速し、

    前車との車間距離を多めにとって停止しましょう。

  〇 みだりに車線変更しない

    片側二車線以上の渋滞道路では、隣接する車線に少しでも空きができると

    すぐに車線変更をする車が見られますが車線変更を繰り返しても

    それほど早く進めるわけでもなく、後続車と接触する危険度が多くなります。

  ◎ 渋滞等による道路混雑時の進入禁止場所

   ① 交差点(進入すると、その中で停止してしまい交差道路側の車の通行を

             妨げるおそれがあるとき)

   ② 警察署や消防署の前にある「停止禁止部分」 

   ③ 踏切

   ④ 横断歩道や自転車横断帯

   

 

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島