日別: 2017年7月22日

2017年7月22日(土)

安全運転アドバイス

長距離走行編

お正月や、お盆休みなどの長い休暇を利用して行楽や帰省などの

長距離走行をする方も多いでしょう。長距離走行する際は、十分注意しましょう。

 〇その1 渋滞を予想して時間の余裕を十分にみる

      渋滞のイライラはストレスが高まり疲労を早めます。

 〇その2 こまめに休憩をとる

      長時間の連続運転は注意力や集中力の低下を招きます。

 〇その3 眠気に襲われやすい時間帯の運転はさける

      眠気に襲われやすい時間帯は午前4~6時頃といわれています。

 〇その4 帰りは行よりも一層余裕のある走行計画を立てる

      行よりも帰りのほうが疲れがでやすい。

   長距離運転をしている時に瞬間的に(時間にすると2、3秒)寝てしまったという

   経験がある人は多いと思います。この現象を「マイクロスリープ」と言います。

   この瞬間、人は意識を失ったような状態になり、危険な状態に対応できないばかりか、

   自ら事故を引き起こしかねません。眠気を感じたら、安全に駐車できる所で休みましょう

 

 

       

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島