安全運転のポイント

2020年6月21日(日)

安全運転のポイント

 ◎気温や湿度が高くなり、蒸し暑い日が増えてくると熱中症の危険が高まります。そこで今回は、

  ドライバーにとっても決して無縁ではない熱中症に対する予防対策のポイントをまとめてみました。

  〇熱中症予防のポイント

  ◆エアコンを過信しない
 車内はエアコンがあるから熱中症にかかることはないと考えるのは危険です。

 エアコンを使用すれば、確かに車内は涼しくなりますが、その一方で湿度も下がり乾燥した状態になり、

 汗もすぐに渇きます。渋滞などに巻き込まれ、長時間車内の乾燥した状態に閉じ込められると、

 身体から水分が失われて脱水症になりやすいといわれています。脱水症は熱中症の症状の1つと言われており、

 めまいや頭痛、吐き気など催し、運転にとって極めて危険な事態を招きます。さらに、脱水症により汗もかかなくなると、

 発汗による体温調節ができず、身体に熱がこもって熱中症になることもあります。エアコンがあるからといって決して過信せず、

 こまめに水分を補給するという予防の基本を徹底しましょう。
 なお、カフェインの入った飲料水(例えば、コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶など)は利尿作用がありますから、できるだけ避けるのが望ましいでしょう。

  ◆マスクを着用して運転する場合の注意点
  マスクを着用していると自分の呼吸で温かい空気しか入ってこないため、呼吸で身体を冷やすことが難しくなって体温を上昇させます。

  また、マスクで顔の半分ほどが覆われることで熱がこもりやすくなることから、熱中症にかかるリスクが高まるといわれています。

  マスクを着用して運転する場合は、より一層の水分の補給を心がけましょう。また、眼鏡をかけて運転する場合は、

  マスク着用により眼鏡が曇ることがありますから注意しましょう。

  ◆体調の変化を感じたら運転しない
  屋外で作業や運動をした後で車に乗り込むとき、めまいや立ちくらみ、倦怠感など体調に変化を感じたときは、

  運転を開始せず、涼しい場所で様子をみましょう。また、運転中に上記のような体調の変化を感じたときは、

  ただちに運転を中止し、駐車場など安全な場所に車を止めて休みましょう。

 

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島