作者別: 販売営業 水島

2019年11月22日(金)

安全運転のポイント

安全運転のポイント

「ながらスマホ」によるわき見運転などが原因の交通事故が増えています。

そのため道路交通法が改正され、スマホ等の「ながら運転」に対する罰則の大幅な強化等が2019年12月1日より施行されます。

そこで今回は、改正道路交通法のポイントをまとめてみました。

◎携帯電話使用等の罰則を強化

 運転中の携帯電話等の使用によって交通事故を起こすなどの

「交通の危険」を生じさせた場合は、反則金(交通反則通告制度に基づいた行政処分。

刑事罰が免除され前科はつきません。)は適用されず、すべて罰則(刑事処分。懲役や罰金が科せられ、前科がつきます。)が

適用されます。

◎違反点数3倍、反則金も約3倍に引き上げ

走行中にスマホ等を使用した場合の違反点数は、「交通の危険」を生じさせた場合も「保持」していた場合も
3倍に引き上げられ、「保持」していた場合の反則金も約3倍に引き上げられます。

 

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年10月19日(土)

安全運転のポイント

 

 

コンビニ駐車場に潜む危険

・駐車場では車も人も警戒心が薄れる

 コンビニ駐車場の走行時や駐車時は、スピードが出ていないこともあって油断が生じやすく周囲に対

する警戒心が薄れがちです。歩行者や自転車も同様で、なかでも子どもや高齢者は、そうなりやすい

傾向があります。

駐車場は死角が多い

 駐車車両は死角を作ります。ワンボックスカーのように車高の高い車はもちろんですが、乗用車の場

合でも、子どもや車椅子の人は隠されてしまうことがあります。また、配送用のトラックが駐車している

場合には、より一層死角が大きくなり、歩行者や自転車の発見が遅れることがあります。

利用者の動きが重なる

 コンビニ駐車場は、歩行者と車の通行区分がはっきりしないため、どこから歩行者が現れるかわかり

ません。自転車も同様で、駐輪場所に駐輪しないことも多く、知り合いの歩行者のところへ寄っていった

りと、車、歩行者、自転車それぞれの動きが複雑に交錯します。また、車止め付近を通行している歩行

者もいますから、駐車時に両側の車ばかり気にしていると危険です。

・駐車場を通り抜けに利用する車もある

 信号のある交差点の角にコンビニがある場合、左折車が赤信号で停止することを嫌って、コンビニの

駐車場を通り抜けようと急に進入してくることがあり、駐車場から出ようとするときなどに衝突する危険

があります。自転車やバイクも同様の行為をすることがありますが、こうした車は駐車するわけではあり

ませんから、あまり減速しないケースもみられ、発見が遅れると事故につながるおそれがあります。

コンビニ駐車場での安全確保のポイント

死角に注意し徐行して進行する

 駐車場内では、決して油断せず、駐車車両の死角に注意して、いつでも停止できるよう徐行して進行

しましょう。特に子ども連れの家族が歩いている場合は、親と子どもが手をつないでいるかどうかを確

認しましょう。万一、手をつないでいない場合は、急に走り出したりすることがありますから、子どもの

動きに十分注意する必要があります。また、子どもを乗せた自転車や高齢者の乗った自転車など動き

が不安定な自転車が駐車場内を通行しているときは、一時停止して様子をみましょう。

バックで駐車するときは無理せず慎重に

 バックして駐車するときは、まず、バックギアに入っているかどうか、後方に歩行者がいないかどうか

を必ず確認し、歩くくらいの速度で慎重にバックしましょう。駐車車両に少しでも接触する危険を感じた

ときは、無理をせずやり直しましょう。やり直す際は、すぐに前進せず、駐車場に入ってくる車や歩行者

がいないか確認し、落ち着いてゆっくり行いましょう。隣の車両との間隔が狭かったり、斜めに駐車する

と、乗降時にドアが接触するおそれがありますから、駐車位置にも注意しましょう。車止めのない駐車

場で、車止めがあると思ってバックすると後方の障害物に衝突する危険があります。バックするときは

車止めの有無も確認しましょう。

通り抜けの車や自転車に注意する

 駐車するためではなく、通り抜けるために駐車場を利用する車もいます。こうした車は先を急いでい

ることも多く、あまり減速しなかったり、安全確認を十分にしないこともあります。特に自転車の場合は、

かなりのスピードで通り抜けていくことがよくあります。交差点角のコンビニでは、通り抜けの車や自転

車があることを頭に入れておきましょう。なお、駐車場を通り抜けに利用するのは、きわめてマナーの

悪い危険な行為ですからやめましょう。

 

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年9月24日(火)

安全運転のポイント

 

最近の車は壊れにくくなったといわれます。しかし、定期的な整備を怠ったり、想定していなかった事
態によってトラブルが発生することがあります。万一のトラブルに備えて、今回はトラブル発生時の措置
を紹介します。

◎ 電気の使い過ぎがバッテリー上がりを招く

エンジンをかけてもモーターが回らなかったり、運転中突然エンジンが停止してしまうことがあります。

これはバッテリー上がりが原因です。

バッテリー上がりの原因で多いのが電気の使い過ぎです。

渋滞に巻き込まれたときにエアコンをつけっぱなしにしたり、

駐車時にヘッドライトを消し忘れたりすると、

消費電力がエンジン稼働による充電量を上回ってしまい

バッテリー上がりを招きます。

バッテリーが上がってしまった場合の対処法としては、

ブースターケーブルで他の車(ハイブリッド車などを除

く)とつないで電気を分けてもらう「ジャンピングスタ

ート」や、他車を必要とせず単独で行える、蓄電機能を

有する機器「ジャンピングスターター」を使用する方法

などがあります。ただし、どちらの場合も、バッテリー

上がりが再発する可能性はあり、万能ではありません。

また、バッテリー自体が破損していたり、寿命を迎えている場合もありますから、

整備工場などで点検してもらうとよいでしょう。

◎ オーバーヒートは冷却水不足などで起こる

オーバーヒートはエンジンが過熱してパワーが徐々に低下したりエンストを起こす現象です。オーバーヒートは、

冷却水不足や冷却ファンの異常などが原因で起こります。運転中、水温計の針が急激に「H」に振れてきたり、

水温の警告灯が点灯した場合は、木陰など太陽の光を遮ることができる場所に停車しましょう。

その後、ボンネットを開け、水温計が「C」と「H」の間くらいに下がるまでエンジンを切らずに待ちます。

ボンネットを開けるときは、エンジンルームが高温になっているので、注意してください。

※冷却水等が漏れている、冷却ファンが回っていない場合は、エンジンを止めてください。

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年8月17日(土)

安全運転のポイント

 交通場面には、運転席からは見えない様々な死角がありますが、身体が小さく背丈も低い子供は、

 特に死角に入りやすい存在です。子供が死角に入りやすい状況と死角に入った子供との事故を、

 防止するポイントです。

 〇 車の前後の死角に隠される

    車の前後には死角がありますが、子供はその死角にすっかり隠されて見えないことがあります。

    特にワンボックスカーのように車高の高い車の場合は、運転席から車の後方にいる子供を確認

    することは難しくなります。バックモニターの付いている場合でも、左右にいる子供は確認できず、

    急に車の後方に出てきた場合には対応できなくなります。

    下車して確認するようにしましょう。

 〇 フロントピラーに隠される

    フロントピラーも死角をつくります。フロントピラー自体の幅は広くありませんが、

    車からの距離が離れると人を見えなくするほどの大きな死角をつくります。

    右折するときなどは、顔を動かすなどして死角に子供がいないか確認しましょう。

 〇 駐車車両に隠される子供

    商業施設の駐車場では親子連れが多く見かけられます。

    子供は車高の低い乗用車でも隠されてしまいます。

    駐車場内を走行するときも、駐車車両の間からの飛び出しに注意しましょう。

 

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年7月15日(月)

安全運転のポイント

トンネル接近時・進入時の注意点

 〇トンネルの入口付近の交通状況を確認する

  トンネルの入口付近は渋滞が発生していることがあります。

  前方にトンネルが見えてきたら、入口付近の交通状況をよく確認しましょう。

 〇トンネル入口の信号機や情報板などを確認する

  信号機や情報板が設置されているトンネルでは、必ずそれを確認し、

  赤信号や進入禁止が表示されている時には、絶対に進入してはいけません。

 〇トンネル進入時にヘッドライトを点灯する

  暗いトンネル内は危険の発見が遅れやすくなります。

  そのため道路交通法施行令第19条において、トンネルの中を走行するときは、

  昼間でもヘッドライトを点灯しなければならないことが定められています。

 〇トンネル進入時は視力の低下に注意する

  昼間にトンネルに入ると暗さに目が慣れず、しばらく周囲がよく見えなくなることがあります。

  トンネルに進入するときは、手前で速度を落とすとともに前車の減速も予測して、

  車間距離を長めにとりましょう。

 

 

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年6月10日(月)

安全運転のポイント

  雨が運転に与える影響

  〇 雨滴やガラスの曇りで視界が悪くなる

    降雨時は、フロントウィンドウ・リアウィンドウなどやドアミラーに雨滴が付着して

    前方・後方・側方のいずれの視界も悪くなります。

    また、車内側のウィンドウガラスが曇って、ほとんど前方が見えなくなってしまったりします。

    これは雨天時に起こりやすい現象で、車内の湿度の上昇や車の内と外の温度差などが

    原因とされていなす。湿度は人の呼吸によっても上がるので、乗車人員が多いほど曇りやすくなります。

  〇 他車の水しぶきに視界を遮られる

    前車や側方通過車、対向車がはね上げる水しぶきによって一瞬、前方の視界が遮られることがあります。

    特に相手がトラックなどの大型車の場合は、水しぶきが大波のように自動車を襲ってきて、

    視界が遮られるだけでなく、反射的に水しぶきを避けようとして姿勢が崩れ、運転操作を誤ることもあります。

 

 

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

    

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年5月15日(水)

安全運転のポイント

 ドライバーから見えない部分を死角といいますが、安全運転をするためにには、

 死角に潜む危険を的確に予測することが重要なポイントになります。

 〇 駐車車両が作る死角

   路上に駐車車両があると、その向こう側が死角になります。

   駐車車両がトラックやワンボックスカーの場合は、その陰にいる

   歩行者や自転車はほとんど隠されてしまいますが、乗用車の場合でも、

   背の低い子供や高齢者は隠されてしまうことがあります。

   商店街や学校や病院、公園付近など歩行者や自転車の多い場所ではあらかじめ

   スピードを落とすとともに、駐車車両があるときはその周囲に歩行者や自転車いないか

   しっかり確認しましょう。

   また駐車車両が大型車の場合、その前に駐車している車両を隠してしまうことがあります。

   それに気づかず大型車の前は空いていると思ってセンターラインをはみ出して追越しをすると、

   対向車が接近している場合は危険な状態を招くおそれがありますから注意しましょう。

 

 

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年4月7日(日)

安全運転のポイント

  〇歩行者との事故防止のポイントは歩行者優先のルールを守る

   道路交通法において、歩行者が横断していたり、横断しようとしてるときは、

   横断歩道の手前で一時停止をして通行を妨げないことと定められています。

   また、横断歩道以外の場所でも、高齢歩行者や身体に障害のある人などが通行しているときは、

   一時停止や徐行をして通行を妨げないことも定められています。

   それにもかかわらず、現実には、車が接近してくるのだから横断してこないだろうと考えて、

   停止しない車が多く見られます。

   しかし、特に高齢歩行者は、車の接近に気づかない、あるいは車のほうが停止すると考えて、

   横断してくる場合もありますからドライバーの一方的な判断は危険です。

   横断歩道接近時はもちろんのこと、そうでない場所でも、横断しそうな歩行者がいないかどうかに、

   注意を払い、早めの発見に努めるとともに、そうした歩行者を発見したときは、

   「横断してこないだろう」ではなく「横断してくるかもしれない」と考えて、

   一時停止や徐行をして歩行者を事故から守りましょう。  

埼玉県/川口市/新車/中古車/未使用車/自動車販売/車検/整備/鈑金(板金)/塗装(ペイント)/部品取付/エアロ取付/持込取付/ETC/カーナビ/リアモニター/販売・取付/オークション落札品取付/修理/買取/カーメイトサクセス】 ☆ 【東京都/足立区/北区/練馬区/板橋区/埼玉県/川口市/さいたま市/鳩ヶ谷市/越谷市/草加市/蕨市/戸田市/春日部市の方中古車情報】中古車の事なら是非

川口市 カーメイトサクセスにご相談を!!

 

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年3月23日(土)

安全運転アドバイス

(資料は、 警察庁「平成30年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締状況等について」による)

   発生件数* 430.601件 (前年比ー41.564件 -8.8%)

    死者数* 3.532人 (前年比ー162人 -4.4%)

   負傷者数 525.846人 (前年比ー55.004人 -9.5%)

  *発生件数とは、人身事故件数をいい、物損事故は含まれません。

  *死者数とは、交通事故発生から24時間以内に死亡した人数をいいます。

  〇65歳以上の高齢者の死者数の6割は「歩行中」と「自転車乗車中」の事故

    年齢層別に死者数をみると、65歳以上の高齢者が1.966人で全死者数に占める割合は55.7%と

    過半数をしめています。また65歳以上の高齢者の死者数を状態別にみると、歩行中が899人(45.7%)

    自動車乗車中が631人(32.1%)自転車乗用中294人(15.0%)二輪乗車中が137人(6.9%)となっており

    歩行中と自転車乗用中を合わせると6割を占めています。生活道路や病院、公園付近など高齢者の多い場所を、

    走行するときは、高齢歩行者や高齢者の乗った自転車に十分目を配り、スピードを落としたり、徐行するなどして、

    高齢者を事故から守りましょう。

         

 

 

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

2019年2月13日(水)

安全運転アドバイス

 今回は運転姿勢についてです。

  ◎正しい運転姿勢のポイント

    運転姿勢の重要なポイントは、すばやく的確なハンドル操作ができること。

    ブレーキを確実に踏み込むことができる。

    良好な視界が確保できる事です。

   その為に特に次の点に留意しましょう。

   〇シートの位置は、深く腰かけてブレーキを踏み込んだ時、膝がわずかに曲がる程度で

     伸びきらないように調整しましょう。

   〇シートに座るときは深く腰かけて、腰と背中をシートにピッタリとつけて隙間をあけないようにしましょう。

   〇シートの背は、背中をシートにつけてハンドルを両手で握ったときに、

    肘がわずかに曲がる状態に背の角度を調整しましょう。

   〇ヘッドレストは、耳の中心とヘッドレストの中心の高さが合うように調整しましょう。

 

   

カテゴリ:販売|投稿者:販売営業 水島販売営業 水島

1 / 512345