スタッドレスタイヤ

投稿日:2016年01月30日


皆様、いかがお過ごしでしょうか?

ごぶさたしております。

 

メカ担当吉原です。

 

暖冬、暖冬と騒がれている今年の冬ですが

シーズン中1回は関東でも10cmを越える積雪が毎年必ずあります。

 

そんな時の為にも早めの冬タイヤへの交換をおすすめします。

 

さてさて、皆さん、スタッドレスタイヤの使用限度はご存知ですか?

 

一般的にスタッドレスタイヤは、その使用の限界を確認するには

溝の磨耗チェックといわれています。トレッド(接地)面が50%以上磨耗すると

スタッドレスとしての機能低下が一気に進みます。

 

その溝が新品時の50%は最低限必要であり、逆にそれ以下では

効果が期待できないということです。

 

スタッドレスタイヤの溝の磨耗限界を知らせるのが

タイヤの溝の中にある「プラットフォーム」です。

200912061254375e2

 

 

プラットフォームは

新品時には溝に隠れていますが、磨耗するにつれ目立つようになってきます。

そして溝と同じ高さ(露出)になった時が交換のタイミングです。

 

ご自宅に保管しているスタッドレスの点検をしてみてはいかがですか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

トップへ戻る